最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

たまには室外機のお掃除も

エアコンクリーニングと言いますと、基本的には室内機のクリーニングのことを指します。それでは、室外機のクリーニングは必要ないのでしょうか。結論から言いますと、室外機はほぼメンテナンスフリーですので、クリーニングもほとんど必要ありません。というのも、室外機は屋外に置かれる前提で作られていますので、多少の汚れでは室外機の機能を阻害しないのです。それでもクリーニングが必要になるケースはありますので、何年かに一度だけでもクリーニングをお考えになってみてください。
まず注意すべきは、室外機の裏側の「フィン」です。フィンに汚れが詰まっていますと、空気の通りが悪くなり、エアコンの負担を大きくしてしまいます。ゴミを取り除きブラシなどで綺麗に掃いてあげると良いでしょう。ただし、力を入れすぎればフィンガ変形してしまいますのでほどほどにしましょう。
フィン以外では、ファン(羽根)の汚れにもご注意ください。通常ファンの前は格子状になっており、大きなゴミは侵入できません。それでもファンにゴミが付着していれば、回転に支障が生じることがあります。そのままではファンが破損してしまいますので、箱を開けて中のファンを掃除します。ただし、作業中にファンが回りださないように注意しなければいけません。
室外機は多少見た目が汚れていても、その機能にはほとんど影響はありません。そのため室内機ほど敏感になる必要はありませんが、それでもメンテナンスをしておくに越した事はありません。普段は外面の拭き掃除や障害物の排除などを行い、時々は業者の方に室外機のクリーニングをご依頼ください。

0120-949-255
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7769

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7769

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0800-805-7769
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼